読み込み中

Plofile

_E2A8707_small

大久保 たえ
tae okubo

略歴

1983年

長崎生まれ

2001年

短大進学のため関西へ。在学中13か国をめぐる船旅に参加。
オーガニックフレンチレストラン、マクロビオティックをベースとしたカフェ勤務等を経て、フランスに半年間滞在。

2008年

神戸でパティスリー・カフェ立ち上げに携わる傍ら、料理研究家 田中愛子先生に師事。
リスタ・キュリナリースクール料理研究家コースを卒業。
ハーブクッキングアドバイザー取得。

2011年

オリジナルブランド”べじ・おやつ”など、乳製品不使用のお菓子の卸や、
ハーブクッキング教室などを開催。

2013年

六甲にて ハーブ料理とスウィーツのお店 レピス開店。
カフェ、ケータリング、メニュー監修、料理・お菓子教室を行う。

2018年

神戸のローカルの食材を扱う EAT LOCAL KOBE FARMSTAND にてマネージャー・キッチン部門担当。
フェリシモ様「ミニツク 食パンレッスン」の監修。レッスンなどを行う。

あいさつ

長崎から神戸に移り早10年。関西を中心に、レストラン、カフェ、病院など様々なスタイルのお店の現場を経て、六甲の地で約4年半、ハーブをテーマにしたレピスというお店を持ちながら料理教室やケータリングなどを行ってきました。

高校生の頃からお菓子作りや料理が好きで、いつかフランスに行ってみたいという夢を抱き、
短大で語学を習得し料理の世界の厳しさに何度もあきらめそうになりましたが、料理をはじめた当初から一貫して「季節の移り替わりを感じながら料理をしたい」という想いは変わりません。

そして、ここ数年は生産者の方と多く知り合うことができ
「都市部での農のある暮らし」に開眼しつつあります。

食は一生続くものです。

そのひとときを豊かなものにできるお手伝いをできるなら、
こんなにうれしいことはありません。


  • 公式Instagramアカウント
  • 公式Facebookページへ